古本屋の100円コーナーには『お宝』が眠っている可能性あり

数年前、古本屋の100円コーナーで古びた全集を発見したんです。

その名も、

『故宮歴代法書全集』。

古本屋の100円コーナーで見つけたお宝

(↑その時の実際の写真です)

誰がこんなの買うねんアホかこの本買い取るセンスさえ疑うわ…と思いながらも、なんか気になってその場でググってみました。

すると、なんと高価買取の文字が。

まぁ、その場で買い取りましたね。置いてあった25冊全部。めちゃ重かったです。

当時は消費税率5%だったので、仕入れ値は105円×25冊=2,625円。

「まぁ2倍の5,000円になったら恩の字だなぁ」と思いながら査定に出し、待つこと数日。

こんなメール(一部抜粋)が返ってきました。

商品を査定させていただき、
お値段が出ましたのでお知らせいたします。「故宮歴代法書全集 5-30巻」のお値段は合計3万9千円となります。※ こちらは全て月報が付いておりましたが、
5巻から10巻までの月報から応募券が切り取られ

月報に穴が開いた状態となっておりましたので、
上記のお値段となりました。

39,000円!!

仕入れ値を引いて、実に36,400円の利益。

男3人で焼き肉行ってもおつりがくるじゃないですか。

お金への執着心が思わぬ利益をもたらすこともあるんですね。

皆さんもぜひ、古本屋の100円コーナーをのぞいてみてください。焼き肉パーティーの可能性が潜んでいるかもしれません。

ちなみに都会よりも田舎の方が本を転売する人が少ないので、お宝が眠っている可能性が高いらしいですよ、フフフ…

Pick Up! 在宅ワーク『UIscope』を試してみた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク