円滑なコミュニケーションを取る上で重要な、しかしながら自身に欠如しているスキルに気づいた件

本日たもつさん(福岡在住)とラーメンの話をしていて、こんなやりとりになりました。

何気ない会話のようですが、私はこの会話の中で円滑なコミュニケーションを取る上で大切な、しかしながら自身に欠如しているスキルに気づきました。

 

それはズバリ…

 

ツッコミ力』。

 

いかがでしょう、このたもつ師匠の美しいツッコミ。

『ツッコミ待ち』というミットを構えた位置に、寸分の狂いもなくド直球ストライクです。

 

もうひとつ、たもつ師匠の模範解答を見てみましょう。

とある夏の日の会話です。

画像元: ピューと吹く!ジャガー

私だけではないでしょう、ボケをボケで返しちゃうタイプの人。

 

本人的には一切悪気はなく「いやぁ~ウマイ返し方しちゃったなァ~!」みたいに自己満足しているだけのですが、周囲からしたらただただ面倒なヤツだったりするわけです。

本当にゴメンナサイ。

 

この場合、たもつさんが

「全裸ー(╭☞•́⍛•̀)╭☞」

と、『ツッコミ待ち』のミットを構えたところで、ツッコミボールをバシーンッと投げるべきだったのです。

 

しかしこともあろうに私は、それをボケで返してしまった。

そう、ミットを構えている相手に対して、更にミットを構えてしまったのです。

 

 

 

 

お互いツッコミ待ちの2人

イラストにしてみると、これがいかに愚かな行為かお分かりいただけるでしょう。

マヌケもいいとこです。

 

これじゃ何も進まねぇということで、見かねた師匠が

「おい!誘導尋問だろ!!笑」

ミットを構えたままの状態にも関わらず、わざわざツッコミボールを入れてくださったわけです。

 

 

 

ツッコミを入れる人のイメージ図

なんという神対応なんでしょう。

 

わざわざ突っ込んでいただいたにも関わらず、当時は「おれウケちゃったwシメシメww」みたいに思っていましたからね。

 

こんな風にこれまで数々のツッコミ待ちミットにミット返しをしてきたかと思うと、大変心苦しい気持ちでいっぱいです。

今後は心を入れかえツッコミュニケーション力を鍛えていく所存でありますので、どうかこれ以上嫌わないで!