矢沢永吉の本読んでみたら、永ちゃん、もう滅茶苦茶よ。シャバダバっていうのかな、YAZAWA的には

矢沢永吉の本読んでみたら、永ちゃん、もう滅茶苦茶よ。シャバダバっていうのかな、YAZAWA的には

ライブのステージ

矢沢永吉って、オレ、バチバチに恐いロックンローラーってイメージしかなかったワケ。

けど『成りあがり』って本読んでみたら、永ちゃん、もう滅茶苦茶よ。

シャバダバ、っていうのかな。YAZAWA的には。

永ちゃんの愛読書、知ってる? オレ、知ってる。

新聞よ、新聞。それと、デール・カーネギーの『人を動かす』。

もう、ウワーオーって感じよ。16歳でカーネギー読んじゃうわけ。マジな話よ、コレ。

YouTubeなんかで永ちゃんの動画みてみると、納得なワケよ。

ライブ中に客が喧嘩してガッタガタなときも、永ちゃん、「出てけよお前ら!」なんて怒ったりしない。

「おい、なぁ…ちょっと聞いてくんねえかな」って、優しく語りかける。

スターだよね。イカしてるよね。

『劇場版 人を動かす』よ、これ。モノホンの。

煙草、酒、ナオン、覚えたの全部二十歳超えてから。

周りがどうこうなんて、関係なかったんだろうね。

そして、臆病。

臆病だから、常に怖いから、次にどうすべきか必死で探る。

探す、調べる、緻密に計算する。

学校の道徳なんかでもさ、YAZAWAの本読めたら最高だよね。

テンプレのイイ話っぽいやつだけじゃなくて。もっと泥臭くて、汚くて、ワオワオしたやつ。

読み終わったとき、オレ、すっかりYAZAWA魂(スピリッツ)が乗り移ってた。ワオーッて。

YAZAWAみたいな歩き方して、眉間にシワ寄せてさ。

鏡見たら、千鳥足の不満顔ネットオタクって感じだったけど。

いいね、OK。それも悪くない。

笑うヤツ、OK。笑われるオレ、OK。

もうコレ、余裕。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする