『過去本』の読み返しで、自分の成長を知ることができる

『過去本』の読み返しで、自分の成長を知ることができる

過去に読んだ本

最近、過去に読んだ本を読み返すのがマイブームなのですが、これが実に興味深いのです。

初めて読んだときは感動して思わず付箋を貼ったような部分が、今読み返しても全然ピンとこなかったりした経験はありませんか?

自分が現在置かれている状況や心境によっても引き寄せられる部分は変わるとは思うのですが、一番大きいのは付箋を貼った部分が自分自身に浸透しているということだと思うのです。

過去に読んだ本を読み返して感動しないということは、それだけ自分が成長している証。

そう考えると、感動しないこと自体が感動だったりもします。

逆に以前は読み流していたような部分に、強烈に引き寄せられることもあります。

以前はピンとこなかった部分に引き寄せられるのもまた、視野が広がった証拠なのではないでしょうか。

経験が広く深くなるにつれて、共感する部分は自然と増えていくものなのではと感じています。

最近『断捨離』が流行っていますが、本を処分する前にもう一度読み返してみると新たな自分を発見するきっかけとなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク