消防設備士乙4のおすすめ参考書・問題集、勉強方法まとめ

消防設備士試験乙4の合格通知

これから消防設備士乙種第4類を受験する予定の方向けに、乙4の勉強法やおすすめの参考書・問題集などをまとめてみました。

甲4受験予定の方も、製図以外の情報収集にぜひどうぞー!(乙6を受験予定の方はこちらもどうぞ!)

スポンサーリンク

私が実践した勉強方法

勉強開始時期、勉強時間の目安

私は試験の1か月半前から勉強を開始しました。

ギリギリでの開始だったため、平日2時間、休日1~2時間詰め込み、合計で85時間ほど勉強しました。

乙6の免状を持っているので消防関係法令(共通部分)の免除を受けていたのですが、もし受けていなかったらプラス7~8時間は必要だったと思います。

乙6が合格率4割前後なのに対し、第4類は甲乙ともに合格率3割程度で内容も少しだけハードです。

働きながら平日に勉強時間を確保するのはなかなか大変だったので、3か月程度は余裕をみておいた方がよさそうです。

いくつかの科目を同時に勉強する

「写真鑑別」と「構造」など、セットで学習することにより理解が深まる科目もありますので、各科目を一つひとつクリアしていくのではなく、いくつかの科目を並行して勉強していくと効率が良いです。

特に私のように文系出身の方は「電気に関する基礎知識」がネックになるでしょうが、最初に気合いを入れてそこばかりに集中してしまうとキリがないですし、難しくてやる気が失せてしまうこともあるかと思います(私は完全にそのパターンでした…笑)。

ちなみに私は、

  • 「電気に関する基礎知識」
  • 「消防関係法令」
  • その他

の3つに分けて同時に学習を進めていきました。

苦手分野は思い切って捨てる

先ほども書いたように、私は「電気に関する基礎知識」にかなりてこずりました。

電気関連の本を複数読み漁りましたが結局よく分からず、相当な時間を費やしました。

しかしながら乙4で出題されるのはたったの5問。そのうち40%、つまり2問だけ正答すれば足切りを免れることができます。

この後でご紹介する『本試験によく出る! 第4類消防設備士問題集』によると、

  • 抵抗またはコンデンサの合成問題が、毎回のように出題される
  • 計測では、計器の構造や作動原理、交流用か直流用か、また記号に関する問題が必ず1問は出題される
  • 変圧器の計算問題が毎回のように出題される

とのことでしたので、この3点のみ重点的に学習してあとは思い切って捨てました。

これだけでも全部正答すれば60%、仮に1問落としても足切りのボーダーである40%は確保することができます。

最短で合格を目指すのであれば、思い切って捨ててしまうのもひとつの手です。

第4類の参考書&問題集は『工藤本』がおすすめ

おすすめ参考書(甲4・乙4両用)

Amazonでレビュー、売り上げともにトップのものを調べ購入したのですが、これは大当たりでした。

ゴロ合わせが多数載っているので、暗記モノが苦手な方には特におすすめです。第4類では乙6などに比べ、覚えるべき数字が非常に多いので大変助かりました。

著者名にちなんで『工藤本』と呼ばれており、私は乙6の試験のときにもお世話になりました。

おすすめ問題集(甲4・乙4両用)

これも同じ工藤本シリーズです。参考書にもオマケ程度に問題は載っていたのですが、問題数が足りなかったため購入しました。

これもまた大当たりで、同じ問題が本試験にそっくりそのまま出題されました。それも複数。

この問題集のお陰で、実技試験で95%の正答率をGETすることができました。

工藤本の魅力はゴロ合わせだけでなく『出題の傾向と対策』がとても詳しく解説されていることです。内容を絞って効率的に学習を進められ、時間のロスを最小限に抑えることができます。

テキスト類を薄くしてやる気アップ(主に乙種の方向け)

消防設備士甲4乙4のテキスト使用例

どの第4類対策用の参考書もそうだとは思いますが、私が使用した参考書も甲乙両用で『製図』についても解説されています。

今回受けた乙4では不要な部分でしたので、免除科目の部分もろともカッターでバッサリ切って使いました。念のため製本テープで補強はしましたが、先ほどご紹介した工藤本シリーズは分割してもバラバラになることはありませんでした。

参考書や問題集を薄くすることで『これだけ覚えればいいんだ』というゴールが見えやすくなり、やる気アップにつながりました。

甲種の方も、免除科目がある場合はバッサリ分割してみるのはいかがでしょうか。

試験当日は慌てず焦らず『正確さ』を重視する

本試験では、慌てずに解いても30分ほどで解き終わりました。ザッとみたところ、半数以上の受験者が時間内に終わって途中退室をしていました。

乙4の問題は『考えて解く問題』は少なく『知識を試す問題』がほとんどなので、わからない問題に時間をかけるのではなく、うっかりミスで点を落とさないよう何度も見直しをしました。

以上の勉強法を実践した結果(正答率)

合格通知(この記事の冒頭の写真)には、試験の正答率も載っています。

私の正答率は、

  • 消防関係法令 100%
  • 電気に関する基礎知識 80%
  • 構造機能および点検整備の方法 93%
  • 実技試験(鑑別等) 95%

でした。

実技試験で9割以上とれたのは自分でも驚きました。工藤本に感謝です。

思い切って捨てたはずの『電気に関する基礎知識』も8割とれていて安心しました。

さいごに

以上、消防設備士乙4試験についてまとめてみました。少しでもお役に立てましたら幸いです。

消防設備士試験乙6消防設備点検資格者講習についての記事もありますので、ぜひご覧ください。

皆さまの合格をお祈りしております!

スポンサーリンク

フォローする