要注意!自転車をネット通販で購入する際の意外な盲点

近年流行ってますね、ロードバイクやクロスバイク。私も去年、クロスバイクデビューしました。

安さに惹かれてネット通販で自転車を購入したのですが、意外な盲点が潜んでいましたので情報をシェアしたいと思います。

楽天市場の21テクノロジーで購入した激安クロスバイク

私が購入した自転車はこちら。楽天市場内の某ショップで買いました。

そのショップのオリジナル自転車で、税込み、送料込みで16,800円!激安です。

前輪、ハンドル、ペダルを自分で組み立てる仕様になっていました。

スポンサーリンク

自分で組み立てたときの様子

必要だったもの

組み立てに必要だったものは、作業スペース3畳分ほど、ドライバー、空気入れくらいです。あとは根気。

六角レンチは備品でついていました。

かかった時間

15分で組み立てられると書いてありましたが、慎重に組み立てたからか実際は30分以上はかかりました。テキトーに組み立てて、走ってる途中に分解したら怖いもんね!

ある程度の力が必要なので、女性が一人で組み立てるのはちょっと大変かなといった印象です。

さて、ここからが注意点なのですが

  1. 防犯登録してくれる自転車屋さんがほとんどない
  2. 組み立てた後がやたら不安
  3. 自分で組み立てた自転車は点検してもらえない
  4. 街の自転車屋さんに嫌われる

といったところでしょうか。

自転車ネット通販の意外な盲点

1. 防犯登録してくれる自転車屋がほとんどない

防犯登録に関しては、実際2件の自転車屋に断られました。

安い自転車だし登録しなくていいいかなーと思ってたんですが、調べてみたら防犯登録って法律で義務化されているんですよね。勉強不足でした。

本来は自転車1台につき600円(非課税)なのですが、「ネットで買ったやつは1,500円かかりますよー」といわれたりもしました。

よく考えてみたら、防犯登録だけじゃ自転車屋さんも利益出ないでしょうからね…。

結局、良心的な自転車屋さんで登録できたので一安心であります。

2. 組み立てた後がやたら不安

組み立てている途中に、「え、はたしてこれで正解なのだろうか」という場面が何度かありました。

特にハンドルの角度調整は激難しいです。

いくら角度を調整しても、微妙に左右に歪んでいる気がしちゃうんですよね。

とりあえず自分の中で妥協点を見つけ落ち着いた感じですが、定期的に自分でネジの緩みなどをチェックしています(たまに緩んでいるときがあるのでビビってます)。

3. 自分で組み立てた自転車は点検してもらえない

点検に関しては、3件まわって全部断られました。

素人が組み立てたものに関しては安全の保証ができないため部分的な点検が難しく、点検するにあたってイチから組み立てなおす必要があるのだとか。

「組み立てた後に悪いところだけ整備してもらえばいいや」と考えていたのですが、甘かったです。

4. 街の自転車屋さんに嫌われる

ネットでしか売っていないオリジナルブランドの自転車は、自転車屋さんがひと目見たら分かるようで、空気入れを借りに行っただけでものすごく嫌な顔をされたりします。

ネットで買う場合も、メーカー品にしておいた方が良さそうです。

もしオリジナルブランドの自転車で自転車屋さんへ乗り込む場合は、アドラー心理学の境地に達してからの方がいいでしょう。

自転車屋さんに行く前に読むべき本

本日のまとめ

お金に余裕があるなら街の自転車屋さんへ

時間に余裕があるならネットショップへ

安心を求めるなら街の自転車屋さんへ

ギリギリ感を楽しみたいならネットショップへ

私は、次回は街の自転車屋さんで購入予定です!

(↓追記しました)

追記

その後、変速をするたびにチェーンが外れるという悲劇的な事態に陥っているのですが、自転車屋さんに持っていくのが怖いので倉庫の奥底に眠っています。アーメン。

その後色々調べてみたのですが、日本最大級の自転車通販サイト『cyma(サイマ)』というところは、

  • 防犯登録も全て代行
  • 完全組立ですぐ乗れる
  • 1年間無料修理保証
  • メーカー品が最大40%OF

なのだそうです。

おすすめの自転車通販ショップcymaサイマ

なにこれ完璧じゃないですか…!もっと早く知っていれば。

さすがに1万円台の自転車は少ないみたいですが、私のように安物を半年でぶっ壊すより断然お得ですね。

詳しい内容は、cyma公式サイトで確認してみてください。

スポンサーリンク

フォローする