地域情報サイトをつくってみて、気づいたこととかいろいろ

最近、ひっそりと地元愛知県豊橋市の地域情報サイトを開設しました。

(追記: 当初ちょっとカッコつけて『サイト』と名乗っていましたが、その後『ブログ』に表記も内容も変更しました)

今ご覧いただいているこちらのブログはジャンルもテンションも実にめちゃくちゃなので、他に特定ジャンルのサイトを作りたいなぁなんて前から思ってたんですよね!えへへ

豊橋市の地域情報ブログとよはしMAP

「おい、タイトルロゴ完全にたもトピのパクリじゃねーか!」という声が聞こえてきそうですが、ロゴだけでなくパクれるカスタマイズは全て丸パクってます。いいじゃん別に!

たもトピのこちらの記事は、もはや私のバイブルです。

⇒ 初心者でもできた!「Simplicity」でカスタマイズしたこと6つ!

まだ開設してから1か月半ほどしか経っていないのですが、その中で気づいたことなどをザッとまとめてみましたよー!

スポンサーリンク

そもそもなぜ地域情報のジャンルを選んだのか

「地元の魅力を発信していきたかったから」

「地域の繋がりを大切にしたかったから」

…なんて言ったらカッコいいんでしょうが、実際のところは

地元に友達少なすぎて寂しかったから

です。あとはノリ。

地域情報サイトなんて需要あるの?って話

狭い地域に特化したサイトに集客の見込みがあるのかしら、と思って(開設してから)色々調べてみました。

元々個人ブログから始まった大阪府枚方市の地域情報サイト『枚方つーしん』は、2016年5月に月間287万PVを達成したんですって。ごいすー!

「枚方市ってどんだけデカい都市なんだろう」と思って調べてみたところ、人口約40万でした。愛知県豊橋市が人口約37万なので、さほど大きな市ではないみたいです。

現在は法人化してますしケタ違い過ぎて全然参考になりませんが、地域情報サイトでもやり方次第なんですね…ゴクリ。

はじめしゃちょーに憧れてYouTuberを目指しちゃう若者は、まさにこんな心境なのでしょうね。

地域情報サイトは、楽しい

これまで3本ほど取材記事を書かせていただいたのですが、想像以上にやりがいがあってめちゃ楽しかったです。

道ですれ違うオバちゃんや普段何気なく通り過ぎるお店にも、色んなドラマが詰まっているわけで。

取材先で「ぜひ、○○さんのお店にも行ってみてくださいよ」「いつでも紹介しますよ」なんてありがたいことを言っていただけたりもして、人との縁って大事なんだなぁなんて当たり前のことを再確認する今日この頃であります。

「好きなことを続けて突き詰めていったら、自然と収益も得られるようになったよヽ(*´∀`)ノ」みたいな形が理想的ではありますが、そんな若者YouTuberみたいなこと言ってる年齢でもなくなってきましたので、さじ加減が難しいところではありますけれども。

ただ充実感だけは持ちつつ、半年後には「このサイト運営してます」って胸張って言えるようにしていきたいと考えています。

豊橋にお住まいの方もそうでない方も、よろしければ時々のぞいてみてください。

⇒ とよはしMAP

お付き合いいただき、ありがとうございました。またねー!

スポンサーリンク

2016年11月追記

この記事を書いてから4か月が経ちました!

その後の感想としては、ただアクセスだけを稼ぎたいだけなのであれば地域情報じゃない方がいいのだろうな、と感じています。

『地域情報』ってなんだかキラキラした響きだけれど、当然良いことばかりではなく…

知らなきゃ知らないままの方が良かったような、閉鎖的な田舎ならではの闇(主に官民癒着)のような部分もたくさん目にしたり耳にしたり。

せっかくなら誰かしら、何かしらの役に立てたらなぁと思うので、個人ブログでしかできないことを見つけていきたいと日々模索中なう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする