『ふんどしぱんつ』を履いてみた

先日『ふんどしぱんつ』についての記事を公開したところ、なんと製造・販売元の東和工業さんにも記事をご覧いただけたようです。

そして更には、『ふんどしぱんつ』をサンプルとして送ってくださったのです。

ありがとうございます!

東和工業のメンズ用ふんどしぱんつ

手書きのお手紙まで添えてくださっていました…感涙。

最初ご連絡いただいたときは、てっきりブチ怒られるのかと思ったよ。

というわけで、早速レビューしてみたいと思います。

ふんどしぱんつ、開封の儀

ふんどしぱんつパッケージ表面

抜かりのないパッケージ。インパクト大です。

ふんどしパンツの歴史

裏面には『ふんどしぱんつHISTORY』が綴られています。

冒頭部分を抜粋してみましょう。

ふんどしパンツの歴史、それは2008年開発者の上田和男がとある飲み会の席で偶然ふんどし体験した時に始まりました。

偶然ふんどし体験をする飲み会って、どんな飲み会なんでしょうか。気になりすぎます。

ふんどしぱんつを広げた様子

パッケージを開けてみると、そこには憧れの『ふんどしぱんつ』が!

ふんどしぱんつのラベル

安心のメイド・イン・ジャパン。

ふんどしぱんつを裏返した様子

裏返してみると、こんな感じ。ここからブツを出すわけですね。

いざ、着用!

さて、そろそろ着用してみましょう。ドキドキ。

胸を高鳴らせながら脚とブツを通してみると、、、

なんということでしょう、想像以上の開放感&フィット感です!

開放的なのにも関わらず、しっかりフィット。

飛び跳ねても揺すっても逆立ちしても、しっかり定位置に戻ってきます。

例えるならば、大草原に愛犬ポチを放し飼いにしていても『ポチ』と一声かければいつでも戻ってくるようなそんな感じです。

そしてこのスタイリッシュな外観

パッと見は普通のパンツとさほど変わりないですが、履いてみたら一目瞭然です。

カジュアルにも

ふんどしぱんつのカジュアルな着用例

ビジネスシーンにも

ふんどしぱんつのフォーマルな着用例

ニット帽代わりにも使えます。

ふんどしぱんつを被った様子

(安心してください、履く前に撮影しました。)

まとめ

このふんどしぱんつ、21世紀の紳士下着の常識を根っこから覆すこととなるでしょう

公式サイトで取扱店舗などをご確認いただけます。

⇒ ふんどしぱんつ公式サイト

前回の記事はこちらです。

⇒ 名古屋発祥の『ふんどしぱんつ』が画期的すぎる

ポジション問題でお悩みのメンズの皆さん、これからは『ふんどしぱんつ』でばっちりキメちゃおうぜ!