ブルネイの水上集落『カンポン・アイール』の様子

ブルネイの水上集落、カンポン・アイールの人々

前回のベトナム記事に引き続き、パソコンの写真を整理していたらブルネイ・ダルサラーム国の水上集落『カンポン・アイール』に行ったときの写真も出てきたので、淡々とご紹介していきたいと思います(全て2009年撮影)。

以前ブルネイの大豪邸をご紹介したことがあるのですが、同じ国内です。

ブルネイ・ダルサラーム国の水上集落

ボートの上から撮影。遠くから見るとこんな感じです。

ブルネイ・ダルサラーム国の水上集落

海の上にあるモーターボート用のガソリンスタンド

海の上にはなんと昭和シェルが!水上集落ではボートが生活必需品のため、モーターボート用のガソリンスタンドがあるのです。

イスラム圏なので頭を布(ヒジャブ)で覆っている女性が多いのですが、布をバッタバタにたなびかせながら猛スピードでモーターボートをかっ飛ばしていたりします。

ブルネイある水上集落、カンポン・アイールの写真

ブルネイの水上集落、カンポン・アイールの写真

ブルネイある水上集落の写真

水上集落の民家の下に格納されたボート

水上集落の民家のトイレ

とある民家のトイレ。トイレの穴は、なんと海へダイレクトに繋がっています。

水上集落カンポン・アイール

ブルネイの水上集落の写真

ブルネイの水上集落の写真

水上集落に住む皆さんは、貧富の差など感じさせないほどキラキラした笑顔で幸せそう…かどうかは、数時間の滞在では当然分かりませんでした。

今のままでも十分幸せかもしれないし、不幸せかもしれないし、経済的な余裕があったらもっと幸せになれるのかもしれない。

そんなのどこでも同じか。

ただ、電気や水道などのインフラの整備は進んでいるのだそうです。

↓おまけ

ブルネイの建物にあったパクリミッキー

こちらは水上集落ではないのですが、同じブルネイ国内の建物にあったイケてる乗り物。

乗り心地バツグンでした。

こちらは日本食(?)レストランのメニュー表。

『おメイん-ヂィッシュ』をおいしくいただきました(^q^)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク